×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

阪急旅行社について

阪急旅行社の評判

知り合いの利用した旅行社名は「阪急交通社」での2泊3日の沖縄旅行の経験です。
観光は、主な所は行きますので不満はありませんでしたとのこと。
ホテルは、素晴らしい所ではないのですか旅行代金が格安でしたので、内容的にはOKです。
食事は、朝2回、夜1回付き。
2日目の昼と夜、3日目の昼が自腹になります。
入場料は、首里城の本殿、美ら海水族館の入館料は個人持ちでした。
3日目は、完全にフリーです。お好きな方はOPはありますが。

ざっと、こんなところですが、阪急ツアー代金が29800円でしたから、割り切れば何の不満もありません。
この料金で沖縄へ行けるのですから大満足です。
旅行会社によって特色は違いますが、阪急の旅行社が良いとか、阪急の旅行社が悪いというのは一概には言い切れません。
口コミサイトを見ると、海外旅行での経験は、あまり芳しくありませんね。
旅行社は現地の手配会社にホテルやガイド、バスの手配を委託しますが、ガイドさんに関しては、阪急交通社の仕事もやれば、他の旅行会社の仕事もやります。
帰国後の阪急旅行社の対応は悪かったとのことですが、クレーム処理に関しては、他社と比較すると特に力を入れて取り組んでいる会社のようです。
アジアのツアーは阪急旅行社だけでなく、どこの会社も、安い地上手配料金で現地の手配会社に委託しています。
中国などは、もともと赤字料金で引き受けていて、そのためお土産屋に連れ回したり、ガイドさんが車内販売せざるを得ず、旅行社もそれを黙認しているのが現状です。
最近の旅行社の中には、旅行代金を上げる代わりに、お土産屋には一切立ち寄らないというのをうたっている会社も増えてきました。
これからは阪急旅行社も価格重視より旅行の質を重視したツアーを増やしていただきたいものです。
旅行を選ぶ時には、阪急旅行社だからダメだという偏った見方をせず、沢山の旅行会社のパンフレットを見比べて、
どこの航空会社を利用するか、ホテルのランク、市内か近郊か、自由時間の確認などをよく見ることが大切ですよね。
またまた阪急をかばってしまいますが、海外、特にヨーロッパでは阪急は強いなと思います。
ある旅行会社が30万円で出しているツアーを、阪急では25万円。
しかも同じホテルで内容もほとんど同じだったり、ホテルがオーバーブッキングの時などは、集客力の強い阪急が取れていたり。
難点はやっぱり1つのツアーの人数が多いこと、内容盛りだくさんのツアーが多い傾向であることでしょうか。
出発日が1日違うだけで、人数が10人と30人となることもありますし、取れてるホテルが全然違うなんてこともよくあります。
パンフレットを見てよく感じることは、良いことは大きく掲載されますが、悪いことは載せない、もしくは小さく載ってるってことありますよね。

阪急旅行社の口コミ情報

阪急の旅行社にいた人の口コミを読みました。

まず価格の手ごろさやツアー数については阪急旅行社は強いです。
しかし旅行内容は価格に比例すると言っても過言ではありません。
安かろう悪かろうといった感じでしょうか。
ホテルのグレードは阪急でAでも他旅行社ではBだったり、追加出費が少なかったり、添乗員の質ではやや阪急は劣るようです。

そして阪急旅行社のツアーの快適さは、往々にしてキツイ感があります。
まずはツアーの人数です。例えばJTBは30人未満に対して阪急は40人程度が多いようです。
これはツアー参加者の集合出発時間不遵守やトラブルによる遅延が多くなる可能性が多くなります。
また、ホテルやエアーチェックインに時間を要したり、バス食事の座席に自由がなくなります。

阪急旅行社は日程も結構詰めていますね。
これは阪急旅行社特有なのですが、強行日程です。
これが売りなのかもしれませんが、ちょっとキツキツだなと思います。

次に阪急旅行社を選択する参加者の質です。
安いツアーを選択するということは、参加者のモラルもちょっと低いことがあるようです。
やはり高いツアーに参加する人は一緒にいても気分を害する事無く旅行ができることが多いです。

最終的には本人の選択だと思います。
せっかくの旅行です。
コースも要素の一つです。
阪急旅行社は業界5位に入るくらいの大きい会社です。
ボンド保証会員でもあり、信頼はできます。個人的に好き嫌いはあっても問題はないというのが私の見方です。

阪急旅行社と他社の比較

阪急旅行社は、旅行代金を安くするために、現地地上手配会社(ランドオペレーター)の料金をたたくだけたたきます。
ですから安いホテルやレストランでもチープなメニューにしなければやっていけません。
レストランもかなり安く、たたかれますので、素材を安くする必要があり、あまりおいしくない料理になりがちです。

ホテルも街中からはずれにあり、タクシーを使用しなければいけないところも多くあります。

阪急旅行社の最悪なのは、お土産やからのコミッションを当てにしています。
ひどいのは、お土産屋と契約して、1人頭、いくらいくらで勘定をします。
それに、お店の売上の10%〜15%をまきあげます。
お店も死活問題なので、いやとはいえない。

そんなことをするぐらいだったら、阪急旅行社もツアー代金をあげていい商品を作ればいいけど、それでは他の旅行会社に太刀打ちできません。
やはり、関西商人ですね。

口コミを見ると、皆さん、色々書かれていますね。
私は、どちらも利用したことがありますが、阪急旅行社の方が良かったものもあります。
私が旅行を選ぶときには、途中に必ず1〜2日のフリータイムがあるものを選びます。
その条件で選んだツアーで、いろいろ行きました。
阪急旅行社や他社、どちらも海外旅行に行き始めた頃に利用しました。
今思い出すと、他社は、価格が高かったと思います。
ホテルはもちろん他社の方が阪急旅行社よりグレードは良かったことが多いのですが、寝るだけの場所にお金をかけるなら、他に何かできたろうと思います。
阪急旅行社は、価格に合ったホテルなので、納得しました。
ちなみに、私の参加したツアーの添乗員は、阪急旅行社の方が面白い人に当たりました。
それと普通に考えてみてください。
他社と阪急旅行社の会社の規模を。
通常、会社が大きいほど、経費はかかるので、同じツアーがあったとしたら、どちらが高くなると思いますか?
自分が旅なれていると思うの、阪急旅行社、不安があるなら他社も検討とするのがよいのではないでしょうか。